×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


開業届けはどこでダウンロードできるの?


こちらからダウンロードすることができますのでどうぞ→【 開業届けのダウンロード


開業届けはどこの税務署に提出すればいいの?


開業届けは所轄の税務署に提出します。
下のURLから税務署を検索することができますのでご利用ください。

http://www.nta.go.jp/soshiki/kokuzeikyoku/chizu/chizu.htm


開業届けの控えは残しておかなくていいの?


控えてを残しておかないと、後に屋号名で銀行口座を開設する時などに
ご自身が開業していることを証明できずに困ってしまいますので残しておくとよいでしょう。
ですので、開業届けを提出する前に自分でコピーを何枚か用意しておきましょう。
また、税務署の職員にお願いして控えの方にも受付印をもらうこともできるみたいです。


開業届けはどのタイミングで提出すればいいの?


事業を開始してから1ヶ月以内に提出することになっています。
「利益が出てから開業届けは出せばいいや・・・」とお考えの方もいらっしゃるようですが、
開業届を出しておくと個人事業で赤字が出た場合、赤字分を繰り越すことができます。


開業届けを出していないとどうなるの?


特に罰則を受けるということはありませんが、
開業届けを出していないと確定申告の際に「事業所得」ではなく「雑所得」として申告せねばならず、
青色申告で受けられる様々な控除を受けるができませんので税金面で不利になる可能性があります。




プライバシーポリシーサイトマップリンク集